日傘の弱点について

多くの方がUVケアをして肌を守る対策をしています。対策方法は、日焼け止めクリーム、サングラスや帽子をかぶるなどです。昔は雨が降っている時のみ傘をさしていましたが、今は美意識が高く、紫外線を防ぐために日傘をさして歩いている方をよく見かけるようになりました。しかし、それだけでは完全に紫外線から守るのは難しいです。頭上からの紫外線を防ぐのは可能ですが、地面のアスファルトから反射した紫外線は防げません。また、建物の壁からも反射しているので注意が必要です。色は濃い色で分厚い生地のものを選ぶと良いです。うすい色だったり生地が薄いと紫外線を通してしまう可能性があるからです。熱を帯びやすく傘の中も温まる化学繊維でできた物は蒸れやすいので、自然素材のものを選ぶと良いです。日傘は、上からの紫外線のみしかカットすることは出来ないのが弱点です。完全に全ての紫外線をカットしたい時は、日傘のみを使用するのではなく、日焼け止めクリームをしっかり塗り、サングラスもかけて反射した紫外線にも対処すると弱点にも対応できます。おしゃれな日焼け防止の傘はたくさんお店で販売しています。紫外線が強くなり、それと同時に美意識も高くなってきているので、今まで以上に街で日焼け防止の傘をさす方が増えてくるといえます。

コメントは受け付けていません。