PAの選び方とは

紫外線を浴びるとシミが出来るという、イメージを持っている方は多いでしょう。
確かに紫外線を浴び続けると、大量にメラニン色素が生成され、それが沈着する事でシミの原因となります。

しかし、紫外線はシミだけでなくシワや、たるみを作る原因にもなってしまうのです。
地球上に降り注ぐ紫外線には、2つの種類があります。

このうち、シミを作る紫外線はUVBと言われる、紫外線B波です。
紫外線B波は全紫外線の5%ほどを占めており、肌の表面で吸収されるのが特徴です。
この紫外線B波を浴びてしまうと、皮膚の表面が赤く軽い火傷を負った状態になったり、メラニン色素が沈着しシミの原因となります。

一方、シワやたるみを作る紫外線は UV-Aと言う、紫外線A波です。
紫外線A波は紫外線全体の95%を占めており、照射量の多さが特徴です。

紫外線A波は肌の奥深くにある、真皮層にまでダメージを与える事で知られています。
真皮層には肌のハリや弾力を作り出す、コラーゲンがあり、このコラーゲンが紫外線A波によりダメージを受ける事で、肌は弾力を失い、やがてシワやたるみとなって肌表面に現れてくるのです。

紫外線A波から肌を守るには、日焼け止めを使う事が大切です。
紫外線A波はPAという数値が高ければ、高い程効果の高さを表します。

日常生活レベルの紫外線A波を防ぐなら、 PA++から+++ほどを、海など外へのレジャーに出かけるなら、国内最高レベルの、 PA++++の日焼け止めを使いましょう。

コメントは受け付けていません。