SPFの選び方とは

光老化という言葉を、聞いた事のある方も多いのではないでしょうか。

地球上に毎日降り注いでいる紫外線は、浴びると老化を引き起こす原因になると言われています。
紫外線による老化の症状には、コラーゲンがダメージを負いシワやたるみが出来る、またメラニン色素が肌に沈着する事で、シミの原因となります。

このように、紫外線な年齢を重ねるにつれ、悩む方が多くなる年齢肌を引き起こす、要因となってしまう為、毎日の紫外線対策が若々しい肌を、維持する為には必要と言えるでしょう。

日焼け止めを見てみると、2つの数値が表記されています。
1つはPA、もう1つはSPFです。

PAはUVAという紫外線A波から、肌を守れる数値の事を言います。
現在、国内ではPA++++が最高レベルの数値となっています。

一方、シミの原因となるのはUV-Bと言われる、紫外線B波です。
紫外線B波はSPFの数値が高ければ、高い程、肌をダメージから守る事が可能となっています。

SPF1の数値は紫外線から肌を、20分間守れる事を意味します。
ですので、数値が30の場合は20分×30で約10時間、紫外線B波から肌を守ってくれるのです。

このように数値により肌を守る時間が変わるので、用途に応じて日焼け止めを使い分ける事が大切です。

コメントは受け付けていません。